基金における個人情報の取扱いについて




1.個人情報保護のための基本方針
 地方公務員災害補償基金(以下「基金」という。)では、地方公務員災害補償基金定款第31条に基づき、個人情報の適切な保護に努めるため、「地方公務員災害補償基金の保有する個人情報の保護に関する規程」を定め、個人情報の適正な取得、適切な管理、利用・提供の制限保護に万全を尽くしています。

2.個人情報の取得
 個人情報の取得に際しては、その利用目的を明確にし、当基金の行う認定・補償業務の範囲内で適法かつ公正な手段により行います。

3.個人情報の利用目的
 取得した個人情報は、「地方公務員等の公務災害及び通勤災害の認定、補償及び福祉事業の実施、不服申立てに係る審査、訴訟追行、第三者加害事案に係る求償・免責、災害補償統計の作成」のために利用させていただきます

4.個人情報の利用及び提供の制限
 取得した個人情報の利用、提供には厳正な管理のもと細心の注意を払い、原則として、あらかじめ本人の同意を得ないで、利用目的以外の目的のために保有個人情報を自ら利用し、又は第三者に提供いたしません。

5.安全対策
 個人情報の正確性及び安全性を確保するため、技術面及び組織面において安全対策を講じ個人情報への不正なアクセス、紛失、破壊、改ざん、漏洩等の予防に努めます。
 なお、当基金は個人情報の取扱いにおいて適用される法令及びその他の規範を遵守します。




もどる